Vol,8 ベストセラー「その土すてないで」はすごい!!

当サイトで販売しておりますいこらジャーナルの「その土すてないで」が隠れたベストセラーになっています。2020年秋に大阪・豊中市の園芸店の社長様とお話をさせていただく機会が有りました。「これまでたくさんの土壌改良剤を使ってお客様にプランターや鉢植えのアドバイスをして来ましたが、正直これと言った効果が認められませんでした。しかし、この「その土すてないで」は工事現場の土や道路脇の硬い土、使い古したカビ臭い土でさえ、美しい花や野菜が元気に育つ土に蘇らせる効果がハッキリ認められました。その後もお客様に使い方を説明しながら薦めています」との声をいただきました。「ネーミングも非常に分かり易く、お客様にも好評です」とのコメントもいただきました。

そもそもこの商品は(株)いこらジャーナルの「コーヒーバイオ」を配合した土壌改良菌体肥料です。コーヒーバイオはプロ農家で使われている菌体肥料で、土壌菌をベースに天然採取の有用微生物群をコーヒーの出し殻に組み込み、熟成発酵させた特殊菌体肥料です。肥料効果は薄いですが、バイオの力で植物が根からミネラルや養分を吸い込み易くし、在留肥料や残留農薬を分解して植物が育ち易い土壌に蘇らせます。根は植物にとって命です。肥料成分等の栄養素も吸収しますが、それは水に溶けた状態で行われます。成長に合わせた水分供給が非常に重要です。併せて根は老廃物も放出しますので、それを分解しないと連作障害が起こります。根を健全な状態にすれば鉢でもプランターでも植物は良く育つのです。そこで堆肥と菌体肥料を合わせたのが「その土すてないで」です。ビギナーからベテランまで簡単・安心・確実に土壌改良ができるのです。

植物栽培の基本は土造りです。家庭園芸では「良く育てよう」と多くの場合肥料のやり過ぎが発生して、逆に育ちを妨げる場合があります。土に余分な肥料成分が残らないようにも土壌改良が必要なのです。「その土すてないで」は鉢植えやプランターなどで使い易い形に作られていますので、土を柔らかくし、吸水、保水、通気性、保肥性、を高めます。市場には多くの土壌改良剤が売られていますが、園芸のプロ、種苗会社が認めた土壌改良剤は余り多くありません。軽くて適量なサイズ、また水を見せるまで菌を眠らせる特殊製法のため長期保存が可能です。まさしく菌が蘇り、土も蘇るこれまでにない土再生肥料です。

実は、もともと大手カタログ通販で長年販売されていて、この種の肥料ではロングセラー商品でした。ファーマーズライフでも長年取り扱っておりましたが、カタログ通販が中心でしたが、この度、有る事情でカタログ通販からファーマーズライフが引き続き販売を継続することになりました。

素材は全て天然素材で土壌菌と有用微生物の力を存分に発揮できる環境を作り出す事で、植物は自分の力で健康的に、そして美しく、美味しく成長するのです。そのため、植物は元より人にも優しい資材で小さなお子様でも安心してガーデニングを楽しむ事ができます。菌の力、バイオの力、自然の力を最大限に発揮する資材です。

使用方法は当サイトに詳しく掲載していますが、弱った土に少量混ぜるだけで、(プランター6~8杯分/1袋)ふかふかの土が出来上がります。その際、少量の水を浄化する資材(珪酸塩白土)と、少量の肥料を混ぜて種苗を植え込みます。十分水を掛けて菌を眠りから目覚めさせさせるだけです。後は植物の持つ力で元気に、美しく、美味しく育つのを楽しみたいと思います。(水は成長に合わせて適度に与えてください)

詳しくは当サイトの「その土すてないで」の購入ページをご覧ください。

ご購読、ご検討よろしくお願いいたします。

その土すてないで│ファーマーズライフ│いこらジャーナル
土の処分でお困りの方は“ちょっとお待ちください。元気が無くなった土を蘇らせる、とっておきの裏技をご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました